お問い合わせ
はこちら

トピックス

Topics

「監査基準委員会研究報告第1号「監査ツール」の改正について」(公開草案)の公表について(平成28年4月21日 日本公認会計士協会)

 日本公認会計士協会(監査基準委員会)によって、監査基準委員会研究報告第1号「監査ツール」についての改正が検討されていました。今回の検討は、中小監査事務所のツール利用者や品質管理レビューアーから寄せられた質問及び提案に基づき行われたものです。このたびある程度の検討を終えたため、改正案について草案として公表され、広く意見が求められています。

●経営者による内部統制の無効化リスクへの対応と重要な取引種類、勘定残高、開示等の各々に対する実証手続
 ① ツール本文に「(8) リスク・アプローチの限界を補う監査手続」を追加し、経営者による内部統制の無効化リスクへの対応(21-2項)と重要な取引種類、勘定残高、開示等の各々に対する実証手続(21-3項)を挿入し、リスク・アプローチの監査における位置付けがより明確になるように説明を付加いたしました。合わせてP.11の図(リスクモデルに関する監査基準委員会報告書相互関係)も同様の趣旨による追加記載を行っております。
 ② 様式8-3に、本年1月に公表された会長通牒平成28年第1号「公認会計士監査の信頼回復に向けた監査業務への取組」の「3.内部統制の無効化リスク」の記載を留意事項として追加いたしました。
 ③ 様式3-14「特別な検討を必要とするリスク」において、経営者による内部統制の無効化リスクが特別な検討を必要とするリスクである旨及び様式8-3「経営者による内部統制の無効化に関係したリスク対応手続」で検討する旨を明記いたしました。

●不正による重要な虚偽表示の兆候を示す状況の識別
 ① 監基報240「財務諸表監査における不正」第32-2項の要求事項に対応するため、様式9-2「監査計画の更新及び重要な変更」に注書きを追加するとともに、様式3-3「不正による重要な虚偽表示リスクの識別」に記載欄を追加いたしました。
 ② 当監査ツールの利用に資するべく、監基報240付録3の不正による重要な虚偽表示の兆候を示す状況の例示を様式3-3の後に、監基報240付録4の不正による重要な虚偽表示を示唆する状況の例示を様式3-3-1の後に追加いたしました。

(日本公認会計士協会 ホームページ
 http://www.hp.jicpa.or.jp/specialized_field/main/20164021qdt.html

その他の新着情報はこちら

2021年6月11日
監査基準委員会報告書(序)「監査基準委員会報告書の体系及び用語」の改正及び 「公開草案に対するコメントの概要及び対応」の公表について (2021年6月09日 日本公認会計士協会)
2021年6月11日
監査基準委員会報告書315「企業及び企業環境の理解を通じた重要な虚偽表示リスクの識別と評価」及び関連する監査基準委員会報告書の改正について (2021年6月09日 日本公認会計士協会)
2021年6月11日
「保証業務実務指針3420「プロフォーマ財務情報の作成に係る保証業務に関する実務指針」及び同3700「東京証券取引所の有価証券上場規程に定める結合財務情報の作成に係る保証業務に関する実務指針」」の公表及び関連する保証業務実務指針の改正について (2021年6月09日 日本公認会計士協会)
2021年6月11日
「保証業務実務指針2430「東京証券取引所の有価証券上場規程に定める被合併会社等の財務諸表等に対するレビュー業務に関する実務指針」及び同2431「東京証券取引所の有価証券上場規程に定める部門財務情報に対するレビュー業務に関する実務指針」」の公表及び関連する保証業務実務指針の改正について (2021年6月09日 日本公認会計士協会)
2021年6月11日
「監査・保証実務委員会研究報告「事業報告等と有価証券報告書の一体開示に含まれる財務諸表に対する監査報告書に関する研究報告」」(再公開草案)の公表について(2021年6月08日 日本公認会計士協会)