お問い合わせ
はこちら

トピックス

Topics

会計制度委員会研究資料第4号「時価の算定に関する研究資料~非金融商品の時価算定~」の公表について(平成25年7月9日 日本公認会計士協会)

日本公認会計士協会(会計制度委員会)より、会計制度委員会研究資料第4号「時価の算定に関する研究資料~非金融商品の時価算定~」が公表されました。
 本研究資料は、平成23年9月20日付けの諮問事項「非金融商品及び非上場の株式等の公正価値の算定方法について調査研究されたい。」に対するものです。「時価」とは公正な評価額であり、通常、それは観察可能な市場価格に基づく価額をいい、市場価格が観察できない場合には合理的に算定された価額をいうとされています。我が国の会計実務においても資産の時価を使用する局面が増加しています。時価の算定に際しては、状況に応じた適切な評価技法を併用又は選択する必要がありますが、非金融商品については時価を算定するための情報の入手について困難を伴う場合が多いと考えられます。このような実務的な背景を踏まえて、本諮問が発出されました。これを受け、同協会では、平成23年11月に会計制度委員会に非金融商品に関する公正価値検討専門委員会を設置しました。その後、平成24年12月にIFRS財団から、相場価値のない資本性金融商品に関し、IFRS第13号「公正価値測定」に附属する教育マテリアルの第1章が公表されたことも踏まえ、同専門委員会では、非金融商品、特に有形固定資産と無形資産について、その時価算定の方法及びデータの入手方法、並びに時価算定の際の留意事項等の研究を行い、今般、標記の資料が公表されました。

(日本公認会計士協会 ホームページ
http://www.hp.jicpa.or.jp/specialized_field/post_1701.html

その他の新着情報はこちら

2022年5月12日
租税調査会研究報告第38号「グループ通算制度と実務上の留意点」の公表について (2022年4月27日 日本公認会計士協会)
2022年5月12日
2022年3月期決算会社の定時株主総会の動向について (2022年4月25日 日本監査役協会)
2022年5月12日
「非営利法人委員会研究報告第28号「公益法人・一般法人の収支計算書に対する監査に関する研究報告」の改正について」の公表について (2022年4月22日 日本公認会計士協会)
2022年5月12日
現在開発中の会計基準に関する今後の計画 (2022年4月14日 企業会計基準委員会)
2022年4月14日
7月1日富山オフィス開設決定につき監査スタッフ募集中