お問い合わせ
はこちら

トピックス

Topics

会計制度委員会報告第14号「金融商品会計に関する実務指針」及び「金融商品会計に関するQ&A」の改正について(公開草案)(平成27年2月6日 日本公認会計士協会)

 日本公認会計士協会(会計制度委員会)では、企業会計基準委員会(以下「ASBJ」という。)からの依頼を受けて、「ヘッジ会計の限定的見直し」のため、会計制度委員会報告第14号「金融商品会計に関する実務指針」(以下「金融商品会計実務指針」という。)及び「金融商品会計に関するQ&A」(以下「金融商品会計Q&A」という。)について検討を行い、所要の見直しが行われました。今般、これが草案として公表され、広く意見が求められています。

1.改正の背景
 ASBJにおいて、「ヘッジ会計の限定的な見直し」をテーマとして、ヘッジ関連規定の修正の検討が行われました。その結果、「異なる商品間でのヘッジ取引」及び「ロールオーバーを伴う取引に関するヘッジ会計の適格性」の二つの論点について対応が必要とされ、同協会に対して金融商品会計実務指針及び金融商品会計Q&Aの改正の検討の依頼がありました。
 本公開草案は、同協会による検討の結果、金融商品会計実務指針及び金融商品会計Q&Aの改正を行うものです。

2.改正内容
(1) 会計制度委員会報告第14号「金融商品会計に関する実務指針」
 「異なる商品間でのヘッジ」が認められるか否かに関して、他に適当なヘッジ手段がない場合には、事前の有効性の予測を前提として、ヘッジ対象と異なる類型のデリバティブ取引をヘッジ手段とすることができることについて、企業会計基準第10号「金融商品に関する会計基準」(以下「金融商品会計基準」という。)及び金融商品会計実務指針の取扱いは明確であるとの結論となりました。
この取扱いを周知するために実務指針第143項に一文を追加した上で、結論の背景に第314-2項を新設することとしました。
(2) 「金融商品会計に関するQ&A」
 「ロールオーバーを伴う取引に関するヘッジ会計の適格性」について、金融商品会計基準及び金融商品会計実務指針において取扱いが明確なケースについては、金融商品会計Q&AにQを新設し、周知すべきであるとの結論となりました。

3.適用について
 本改正は現行の取扱いを明確化するためのものであるため、確定版の公表日以後に適用することを予定しています。

(日本公認会計士協会 ホームページ
http://www.hp.jicpa.or.jp/specialized_field/main/14_30.html

その他の新着情報はこちら

2022年5月12日
租税調査会研究報告第38号「グループ通算制度と実務上の留意点」の公表について (2022年4月27日 日本公認会計士協会)
2022年5月12日
2022年3月期決算会社の定時株主総会の動向について (2022年4月25日 日本監査役協会)
2022年5月12日
「非営利法人委員会研究報告第28号「公益法人・一般法人の収支計算書に対する監査に関する研究報告」の改正について」の公表について (2022年4月22日 日本公認会計士協会)
2022年5月12日
現在開発中の会計基準に関する今後の計画 (2022年4月14日 企業会計基準委員会)
2022年4月14日
7月1日富山オフィス開設決定につき監査スタッフ募集中