お問い合わせ
はこちら

トピックス

Topics

監査基準委員会報告書260「監査役等とのコミュニケーション」の改正並びに当該改正に関連する品質管理基準委員会報告書及び監査基準委員会報告書の一部改正の公開草案の公表について(平成27年2月26日 日本公認会計士協会)

日本公認会計士協会(監査基準委員会)では、監査基準委員会報告書260「監査役等とのコミュニケーション」について、(1)平成26年6月に公布された改正会社法への対応、(2) 改正された独立性に関する指針への対応、(3)監査事務所の品質管理のシステムの整備・運用状況に関する監査人の伝達義務の明確化、(4) 監査役等とのコミュニケーション項目の明瞭化のため、改正の検討を行っていました。このたび見直しを終えたため草案として公表され、広く意見が求められています。

○ 改正の概要
(1) 改正会社法への対応(第9項及びA2項ほか)
・コミュニケーションを行うべき「統治責任者」の定義に監査等委員会を追加
・社外取締役その他の非業務執行取締役とも必要に応じてコミュニケーションを行うことが有用な場合がある旨の適用指針の追加(ガバナンス・コードの原案も考慮)
・当該改正に関連して、品質管理基準委員会報告書及び他の監査基準委員会報告書を一部改正
(2) 独立性に関する指針への対応(第15項及びA21-2項)
・独立性に関して監査役等とコミュニケーションを行わなければならない旨の全般的な記載を要求事項に追加し、適用指針に具体的な例示を追加
(3) 監査事務所の品質管理のシステムの整備・運用状況に関する監査人の伝達義務の明確化
・要求事項(第15-2項):
- 監査事務所の品質管理のシステムの整備・運用状況を書面で伝達することとし、これには、監査事務所の品質管理のシステムの外部レビュー又は検査結果が含まれる。
- 少なくとも、公認会計士法上の大会社等、会計監査人設置会社、信用金庫・信用協同組合・労働金庫の監査を対象とする。
・適用指針:
- 伝達の内容は第21項に基づき文書化が求められる(A22-2項)。
- 品質管理レビュー又は公認会計士・監査審査会の検査結果の伝達のタイミング及び伝達内容はA22-3項に記載
(4) 監査役等とのコミュニケーション項目の明瞭化(第13項及びA11-2項ほか)
・計画した監査の範囲とその実施時期の概要に関するコミュニケーションにおいて、特別な検討を必要とするリスクを追加
・その他適用指針の明瞭化
○ 適用
・平成27年4月1日以後開始する事業年度に係る監査及び同日以後開始する中間会計期間に係る中間監査から適用する。
・第15-2項は、監基報260改正公表日以後行われる監査役等とのコミュニケーションから適用するものとし、外部のレビュー又は検査結果については、監基報260改正公表日後受領した品質管理レビューの報告書又は検査結果通知書を対象として伝達する。ただし、日本公認会計士協会の品質管理レビューについては、監基報260改正公表日までに受領したレビュー報告書に記載されている限定事項及び改善勧告事項で、監基報260改正公表日時点で、フォローアップ・レビューによる改善状況の確認が未了の事項を伝達対象とする。

(日本公認会計士協会 ホームページ
http://www.hp.jicpa.or.jp/specialized_field/main/260_1.html

その他の新着情報はこちら

2021年1月12日
会長声明「緊急事態宣言の発令に対する声明」 (2021年1月7日 日本公認会計士協会)
2021年1月12日
ディスカッション・ペーパー(DP/2020/1)「企業結合-開示、のれん及び減損」に対するコメント (2020年12月28日 企業会計基準委員会)
2021年1月12日
IASBディスカッション・ペーパー「企業結合-開示、のれん及び減損」に対する意見について (2020年12月25日 日本公認会計士協会)
2021年1月12日
「保証業務実務指針3850「情報セキュリティ等に関する受託業務のTrustに係る内部統制の保証報告書に関する実務指針」及びIT委員会研究報告「保証業務実務指針3850「情報セキュリティ等に関する受託業務のTrustに係る内部統制の保証報告書に関する実務指針」に係るQ&A」」(公開草案)の公表について (2020年12月25日 日本公認会計士協会)
2021年1月12日
リモートワーク対応第2号「リモート棚卸立会の留意事項」 (2020年12月25日 日本公認会計士協会)