お問い合わせ
はこちら

トピックス

Topics

業種別委員会実務指針「アジア地域ファンド・パスポートにおける年次実施状況の検証に係る保証業務に関する実務指針」(公開草案)の公表について(平成29年11月2日 日本公認会計士協会)

 日本公認会計士協会(業種別委員会)では、平成28年4月28日にアジア地域ファンド・パスポートの協力覚書(以下「協力覚書」という。)に日本が署名を行ったことを受けて、協力覚書のAnnex3:Passport Rules(以下「パスポート規則」という。)の遵守状況に関する保証業務(以下「本保証業務」という。)を行う際の実務指針について検討を行っていました。
 このたび一応の検討を終えたため、新たに業種別委員会実務指針「アジア地域ファンド・パスポートにおける年次実施状況の検証に係る保証業務に関する実務指針」(公開草案)として公表され、広く意見が求められています。
 本公開草案は、保証業務実務指針3000「監査及びレビュー業務以外の保証業務に関する実務指針」(公開草案)(以下「保証実3000」という。)を参考に取りまとめられています。本保証業務を実施する場合には、保証実3000の要求事項に加えて、本公開草案の要求事項等を遵守することになります。なお、本公開草案に固有の事項は主に次のとおりです。

① 本保証業務の目的は、パスポート規則の遵守に関する経営者の主張が、適正に表明されていなかったと確信される事項が全ての重要な点において認められなかった旨の限定的保証の結論を表明することにあります。
② 本保証業務における追加の要求事項は、第16項(意味のある手続の立案及び実施)、第27項(協力覚書によって限定的保証業務を求められること。)、第30項(保証報告書に配布・利用制限を設けること。)及び第31項(経営者報告書と保証報告書は併せて利用されるようにすること。)です。
③ 本保証業務における重要性の概念は、次のとおりです。
・ 本保証業務の手続実施項目の選定に当たっては、重要性の概念は適用しません。
・ 独立した監視機関の監視対象となる項目について、パスポート規則への遵守状況に関する重要性を判断する場合には、主として質的検討を行います。
・ 経営者の主張に対する結論を表明する際には、量的検討と質的検討の両方の検討を行います。

(日本公認会計士協会 ホームページ
 http://www.hp.jicpa.or.jp/specialized_field/main/20171102ibz.html

その他の新着情報はこちら

2021年4月12日
【IAASB】IAASB議長記事「非財務の報告の発展に合わせた保証基準の開発」の翻訳の公表について (2021年4月9日 日本公認会計士協会)
2021年4月12日
有価証券報告書の作成・提出に際しての留意すべき事項及び有価証券報告書レビューの実施について(令和3年度)(2021年4月8日 金融庁)
2021年4月12日
監査・保証実務委員会実務指針第91号「工事進行基準等の適用に関する監査上の取扱い」の廃止について
2021年4月12日
公共調達の在り方に関するプロジェクトチームからの報告「公共調達の課題と方向性~VFMの重視による公共調達の効率化と日本版ゲートウェイレビューの導入に向けて~」の公表について(2021年4月7日 日本公認会計士協会)
2021年4月12日
「監査・保証実務委員会実務指針第85号「監査報告書の文例」及び関連する監査・保証実務委員会報告」の改正について (2021年4月7日 日本公認会計士協会)