お問い合わせ
はこちら

トピックス

Topics

企業会計基準公開草案第66号(企業会計基準第29号の改正案)「収益認識に関する会計基準(案)」等の公表(2019年10月30日 企業会計基準委員会)

企業会計基準委員会は、2018年3月30日に、我が国における収益認識に関する包括的な会計基準として、以下の企業会計基準及びその適用指針を公表しました。

・企業会計基準第29号

「収益認識に関する会計基準」(以下「2018年会計基準」という。)

・企業会計基準適用指針第30号

「収益認識に関する会計基準の適用指針」

2018年会計基準においては、注記について、2018年会計基準を早期適用する場合の必要最低限の注記(企業の主要な事業における主な履行義務の内容及び企業が当該履行義務を充足する通常の時点(収益を認識する通常の時点))のみ定め、2018年会計基準が適用される時(2021年4月1日以後開始する連結会計年度及び事業年度の期首)までに、注記事項の定めを検討することとしていました。

また、収益認識の表示に関する次の事項についても同様に、2018年会計基準が適用される時までに検討することとしていました。

(1) 収益の表示科目

(2) 収益と金融要素の影響(受取利息又は支払利息)の区分表示の要否

(3) 契約資産と債権の区分表示の要否

上記の経緯を踏まえ、当委員会において審議を行ってまいりましたが、今般、2019年10月25日開催の第419回企業会計基準委員会において、以下の企業会計基準及びその適用指針の公開草案(以下合わせて「本公開草案」という。)の公表を承認しました。

・企業会計基準公開草案第66号(企業会計基準第29号の改正案)

「収益認識に関する会計基準(案)」

・企業会計基準適用指針公開草案第66号(企業会計基準適用指針第30号の改正案)

「収益認識に関する会計基準の適用指針(案)」

・企業会計基準公開草案第67号(企業会計基準第12号の改正案)

「四半期財務諸表に関する会計基準(案)」

・企業会計基準適用指針公開草案第67号(企業会計基準適用指針第14号の改正案)

「四半期財務諸表に関する会計基準の適用指針(案)」

・企業会計基準適用指針公開草案第68号(企業会計基準適用指針第19号の改正案)

「金融商品の時価等の開示に関する適用指針(案)」

 

(企業会計基準委員会 ホームページ

 https://www.asb.or.jp/jp/accounting_standards/exposure_draft/y2019/2019-1030-1.html 

その他の新着情報はこちら

2020年7月1日
2020年7月1日 合併のお知らせ
2020年6月12日
「非営利法人委員会実務指針第37 号「労働組合監査における監査上の取扱い」の改正について」及び「公開草案に対するコメントの概要及び対応」の公表について (2020年6月10日 日本公認会計士協会)
2020年6月12日
【IAASB】監査実務に関するスタッフ文書「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)により変化し続ける環境下での監査報告」の翻訳の公表について(2020年6月10日 日本公認会計士協会)
2020年6月12日
「監査上の主要な検討事項(KAM)に関するQ&A集・統合版」を公表 (2020年6月8日 日本監査役協会)
2020年6月12日
「公会計委員会実務指針第7号「独立行政法人監査における監査報告書の文例」の改正について」(公開草案)の公表について (2020年6月8日 日本公認会計士協会)