お問い合わせ
はこちら

トピックス

Topics

キャッシュレス・消費者還元事業に関する合意された手続実施結果報告書のフォーマットの公表について(2019年9月6日 日本公認会計士協会)

2019年10月1日からの消費税率引き上げに対応した需要平準化対策として、中小・小規模事業者等におけるキャッシュレス決済手段を使ったポイント還元等を実施するための決済事業者等の事業費等の経費の一部を補助するキャッシュレス・消費者還元事業が実施されます。

本事業において補助対象となるキャッシュレス発行事業者(キャッシュレス決済で購買を行った消費者に対して、ポイント還元等を実施する事業者)に対する補助金額の算定に当たって用いられるポイント等の失効率又は利用率に関して、公認会計士又は監査法人による確認が求められています。

この公認会計士又は監査法人による確認業務に関して、キャッシュレス・消費者還元事業ウェブサイトにおいて、「合意された手続実施結果報告書フォーマット」が公表されましたので、ご案内いたします。本フォーマットの中に、この確認において公認会計士又は監査法人が実施することが想定される手続が記載されています。本フォーマットを利用して、専門業務実務指針4400「合意された手続業務に関する実務指針」に従って業務を実施することとなります。

日本公認会計士協会 ホームページ

https://jicpa.or.jp/specialized_field/20190906ieg.html )

その他の新着情報はこちら

2020年5月26日
緊急事態宣言解除を受けた当社の対応について
2020年5月11日
「新型コロナウイルス感染症に関連する監査上の留意事項(その5)」の公表について (2020年5月8日 日本公認会計士協会)
2020年5月11日
IASB公開草案「covid-19に関連した賃料免除(IFRS第16語修正案)」に対するコメント (2020年5月8日 企業会計基準委員会)
2020年5月11日
国際評価基準審議会(IVSC)公開草案「国際評価基準(IVS)230 棚卸資産」に対するコメントの提出について(2020年5月8日 日本公認会計士協会)
2020年5月11日
IASBがcovid-19によりIAS第1号の修正の発効日の延期を提案 (2020年5月8日 企業会計基準委員会)